ホーム > 読み物 > ファイルサーバ整理術 > Windowsアクセス権確認ツール ACL Viewer

Windowsアクセス権確認ツール 「ACL Viewer」

 今回、私たちも社内ファイルサーバのセキュリティを見直したのですが、アクセス権を確認するのに、いちいちフォルダを右クリックしてプロパティを表示させ、詳細表示画面まで進むのは面倒です。
 そこで、各フォルダのアクセス権詳細表示を簡単に行うツールを作成しました。フリーソフトとして公開いたします。

Windowsユーザ・グループ確認ツール ダウンロード

AclViewer.zip 2012/12/20 Ver.1.1

上記リンクからZIPアーカイブをダウンロードできます。中には単体の実行プログラムAclViewer.exe が入っています。

<更新履歴>

2012/12/20 ver.1.1

  • Unicodeに対応し、多言語のファイル名に対応できるようになりました。
  • フォルダツリーをリニューアルしました。
  • 表示形式をWindows互換表示に統一しました。
  • GUIの誤字を訂正しました。
  • ACL Viewerの使い方

    画面イメージと使い方

    起動すると、下記のような画面がでます。(クリックで拡大)

    • フォルダを選択すると、選択フォルダのACLを確認できます
    • ACLのエントリを選択すると、選択エントリの詳細を確認できます
    • 極力Windows互換の表示を行いますが、違いもあります。
      • Windowsエクスプローラでは、ユーザ・継承元・適用先を共有する複数のACEがマージされて表示されますが、本ツールでは、ACEを素直に列挙します。
      • ビルトイングループをWindowsでは「マシン名\グループ名」の形式で表示しますが、本ツールでは「BUILTIN\グループ名」と 表示します
    • 本ツールはセキュリティを確認するためのツールで、変更はできません。(だから安全ともいえます)
    • 左側のフォルダツリーでフォルダを右クリックして「共有とセキュリティ」を選択すれば、Windows標準のセキュリティ設定画面が出現しますので、 セキュリティ変更はそちらから行ってください。
    • アクセス権を確認するために必要な権限のあるユーザでご利用下さい
    • 本ソフトウェアは無保証のフリーソフトです。ご自由にお使い下さい。
    • ユーザ数・フォルダ数が多い環境や、無効なユーザID/グループIDが残っている環境では、極端に性能が悪化する恐れがあります。f 無償対応は最優先では行えませんが、環境や症状を教えていただければ幸いです。

    « 前へ   |  一覧へ   |  次へ 分類フォルダのアクセス権限設定パターン »