ファイルの変更履歴を残せます

ファイルの更新毎の変更履歴を保存し、任意のバージョンを取り出して参照できる機能です。
ファイル差分比較機能と合わせ、バージョン管理機能として活用できます。

マニュアルや手順書、プロジェクト標準文書などのような改訂が繰り返されたり、章やセクション毎に複数のファイルで構成されたり、複数の作業者が作成に関わったりするような文書の管理にも便利です。

ファイルをアップロードやコピーで上書きすれば自動的に変更履歴が蓄積されて必要なときに参照や比較ができます。

プログラムのソースコードのバージョン管理システムとして広く普及しているオープンソースの「Git」を組み込み、
誰でも簡単に使えるユーザーインターフェースにしました。

もちろん既存のGitリポジトリを検索対象にすることもできます。

CMエディションで利用できる機能です。

デモサイト