ウェビナータイトル

改正電子帳簿保存法にどう対応する? ~データをファイルサーバに保存する方法を考える~

概要

このほど鉄飛テクノロジーでは、「FileBlog」とアマノセキュアジャパン株式会社が運営する「アマノタイムスタンプサービス3161」を連携し、ファイルサーバにおいて令和3年度改正(令和4年1月1日施行)電子帳簿保存法に準拠した運用を可能とする「FileBlogタイムスタンプソリューション」をリリース致しました。

今回はその概要をご案内するとともに、国税関係書類をファイルサーバに保存する方法と経理フローにどのように組み込んでいくか考えていきます。

  • 令和4年1月施行の電子帳簿保存法改正のポイント
    • 電子取引の扱いと、スキャナ保存の扱い
    • 二年間の猶予期間の使い方
  • 電子取引データの電子データ保存は思ったより簡単です
    • 既存の会計システムとファイルサーバの組み合わせによる「二段階検索」の実現について
    • 複数取引の記録を明細に持つ文書をどう扱うべきか
  • スキャナ保存の要件はもう少し厳しくなっています
    • タイムスタンプ要件を満たすには
    • 訂正/削除履歴要件を満たすには
    • クラウドサービスは必須か?自前ハードウェアで運用できるか?
    • FileBlogタイムスタンプソリューションの機能紹介

開催日時

2022年6月23日(木)15:00~16:00

(説明45分、以降質疑応答を受付けます)

形式

Zoomウェビナー

費用

無料

参加をおススメする方

電子帳簿保存法「スキャナ保存」「電子取引データ保存」について、以下の課題をお持ちの経理部門・情報システム部門の方

・ファイルサーバへのデータ保存をご検討中の企業様

・クラウドサービスでのデータ保存とメリット・デメリットを比較したい企業様

・専用システム開発はコスト・期間とも間に合わない企業様

お申し込み方法

申込フォームでのお申込みをお願い致します。→〆切りました。

定員

各回:20名

主催・お問い合わせ先

株式会社 鉄飛テクノロジー

東京都目黒区下目黒1-4-6ロイヤル目黒1F

info@teppi.com