ファイルサーバーのオフィス文書をWebブラウザで直接編集できます。

FileBlog with ONLYOFFICE

ファイルサーバーのリモートアクセスシステムであるFileBlogと、WebオフィススイートのONLYOFFICE(Ascensio System)とのコラボレーションが実現しました。

メーカー(Ascensio System)のプログにも紹介されています。[英語版] | [日本語版

  • 既存ファイルサーバのオフィス(Word / Excel / PowerPoint)文書をWebブラウザで直接編集できます。編集のためのファイルダウンロードは不要です。
    • Windowsネットワーク環境と同じファイルアクセス権限が適用されます(Active Directory連携、Azure ADとのSAML連携あり)
    • Webブラウザで動くので端末にWord等のアプリケーションは不要です。
  • VPNやリモートデスクトップより多人数利用時のネットワーク負荷が小さく動作が軽快です。
  • お客様環境にインストールするパッケージソフトのためデータを社内に留めて運用できます。(クラウドサービスではありません)
  • 編集を許可しつつ、印刷禁止やダウンロード禁止などの制御もできます。

CMエディションで利用できる機能です。

利用イメージ

Word文書編集
Excelワークブック編集
PowerPointスライド編集

動画デモ

FileBlogデモサイト

ファイルを右クリックして「ONLYOFFICEで編集」を選択してファイル編集をお試しください。なおデモサイトでは書き込み権限はないため保存できません。

動作環境と提供

お客様環境にインストールするシステムです(クラウドサービスではありません)

  • インターネットに公開して利用できます。(サーバー証明書をインストールが必要です)
  • お客様社内のWindowsユーザーアカウント(ドメインユーザー、ワークグループユーザー)でログインします。
  • ファイルサーバーのアクセス権に応じてONLYOFFICEでファイル編集できます。
  • [注意] ONLYOFFICEはWebSocketを利用するためプロキシサーバーなど利用時には注意が必要です

提 供

  • FileBlog with ONLYOFFICEは、FileBlogとONLYOFFICEのコラボレーション製品です。
  • 典型的には一台のアプリケーションサーバーに、FileBlogとONLYOFFICEの両方をインストールします。(鉄飛テクノロジーにて導入作業・連携動作設定を行います)
  • 鉄飛テクノロジーが一括して利用に必要なライセンスを販売します 。
    • ファイルサーバーアクセス用に用いるFileBlog本体のライセンス(CMエディション)
    • ONLYOFFICEのライセンス(同時編集ユーザー数に応じたライセンス)

鉄飛テクノロジーはAscensio System社と契約を締結したONLYOFFICEの正規販売代理店です。

リモートワーク方式としてVPNやVDIとの違い

FileBlog with ONLYOFFICEは、Web上の文書エディタによる編集方式をとります。リモートワークの実現方式として、従来から一般的だったVPNやVDIの方式と比べ、比較的少ない通信負荷で多人数がアクセスできるなどの利点があります。

 ONLYOFFICE(Webエディタ)VPN+デスクトップOfficeVDI+デスクトップOffice
ダウンロード不要必要不要
必要サーバ資源
必要ネットワーク帯域
端末セットアップ手間なし
ダウンロード
許可・禁止制御
サーバー側で設定原則許可原則禁止
印刷
許可・禁止制御
サーバー側で設定原則許可原則禁止

ようやく実現できた方式です

私たち鉄飛テクノロジーは2007年以来、「Windowsエクスプローラの機能をブラウザ上に再現する」ことに最大の努力を注ぎ込んでFileBlogを開発し続けてきています。その当初から「WindowsエクスプローラとMicrosoft Officeの組み合わせによる社内ファイルサーバーを中心としたネットワーク環境」を、「Webブラウザ上のファイル一覧・検索システムとWebブラウザ上の文書閲覧・編集システムの組み合わせによるネットワーク環境」で置き換えたいというのは、私たちの悲願でした。

Office文書エディタはファイル形式の仕様が複雑で機能が多く、簡単に実現できるものではありません。本家本元のMicrosoft自身もデスクトップ版の機能を網羅したWeb版の文書エディタを未だにリリースできていないほどであり、私たちは実用的に使えるWeb版文書エディタの登場を10年間以上待ち続けたことになります。

Microsoft Office互換のデスクトップエディタ製品は、これまでもオープンソースのものを含めてさまざまなベンダーから発表されてきましたが、ヨーロッパやアメリカを主要市場とするこれら製品は一般に日本語の扱いを苦手としていました。ほとんどの製品の体験版を試してみましたが、日本語が文字化けしたり、かな漢字変換しようとするとカーソルが遠くへ飛んでいったりして、実用には耐えず、数えきれないほどの失望を味わいました。

しかしONLYOFFICEは違いました。デスクトップアプリとして開発が始まった多くの製品と異なり、ONLYOFFICEは最初からWebブラウザのHTMLキャンバス上にすべてを描画するWebアプリとして開発されており、Webブラウザというプラットフォームを最大限に活かされて、デスクトップでは動くけれどもWebブラウザ上では問題があるということがありません。Microsoft Officeとの互換性についても利用頻度の高い機能についてはほとんどを網羅しており、実用上これで十分だと思わせるものでした。残念なことに一部の日本語フォント名を認識できない不具合がありますが、製造元には報告済みであり、いずれ対応されると見込んでいます

デスクトップ版のMicrosoft Officeとのすみわけ

ゼロから新しい文書を作成する際の操作性については、やはりデスクトップ版Officeの方が高機能かつ動作速度にも優ります。したがって、今後もデスクトップ版のOfficeの役割は無くならないでしょう。

原型を作成済の文書に情報を追記するという場面では、Web版の文書エディタでも十分に実用に耐えうるものです。

たとえば

  • 作成済のチェックリストにチェックを入れる
  • 作成済の名簿をもとに出欠を取ったり、新規メンバの追加など一部編集する
  • 作成済のワークシートをもとに日付・名前・数量・金額などを入力して、見積再計算やローンシミュレーションなど数値計算を実行する
  • 議事録や日報などのテンプレートをもとに内容を記入する

などの場面においては、Webブラウザを介してリモートからファイルを編集できるならばファイルをダウンロードしてデスクトップ版Officeを起動することはなくなります。また、ダウンロード許可を与える対象ユーザーを最小限に限定することも可能になって情報セキュリティの強化にもなるのです。

もちろん、Webブラウザの性能向上につれて、いつかWeb版文書エディタの能力がデスクトップ版に追いつき、追い越す日が来ると思います。

ご質問・ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください