ファイルサーバーで電子帳簿保存法(電子取引・スキャナ保存の取引情報データの保存)に対応しませんか?

CMエディションで利用できる機能です。

特徴

電子保存にスムーズに移行

フォルダ階層を利用した文書管理のため、これまでの紙文書ファイリングに近いワークフローや型式で電子保存を運用できます。

取引先別・案件別・年度別など従来から慣れ親しんだ分類・処理単位を踏襲できるため、現場への運用切り替え負荷を抑えることができます。

保存文書の高速検索

法定検索条件(取引日、取引金額、取引先)に加え、請求番号や請求日などのオリジナル検索項目を追加して検索利用できます。

また、文書に含まれる文字列データで全文検索もできます。

汎用性の高い保存場所

データはWindowsのドライブ(ファイルサーバー)に保存します。Windowsエクスプローラでデータ接続もできます。

データのポータビリティ性に優れるため、ハードウェアのリプレイス時のデータ移行が簡単です。システムからデータを切り離してデータのみを長期保存することもできます。

機 能

検索項目

法定検索項目「取引年月日」「取引金額」「取引先」に加え、オリジナルの検索項目(タグ)を定義することができます。

タイムスタンプ付与

対象ファイルを選択して、タイムスタンプを付与します

認証局のタイムスタンプが付与され、編集・削除できなくなります

タイムスタンプ検証

タイムスタンプ検証結果のデータ出力をします

構 成

下記の組み合わせで運用します。

  • FileBlog本体ライセンス(CMエディション)
  • アマノタイムスタンプサービス3161ライセンス(アマノセキュアジャパン株式会社と契約が別途必要です)
    • 初期費用
    • 月額費用(一定量を超えるタイムスタンプ利用には従量課金があります)

ハードウェア、ネットワーク環境、スキャナ機器は別途ご用意ください。

FileBlogはJIIMA の「電帳法スキャナ保存ソフト」認証を取得しております。

この認証ロゴは公益社団法人 日本文書情報マネジメント協会によりライセンスされています。

改正電子帳簿保存法コラム

改正電子帳簿保存法(1)ーどう対応しますか?

改正電子帳簿保存法(2)ーFileBlogによる電子帳簿保存法対応コンセプト

改正電子帳簿保存法(3)ー電子帳簿保存法ー電子取引の対応は難しくない

改正電子帳簿保存法(4)ースキャナ保存要件への対応はより難しい

ご質問・ご相談などありましたら
お気軽にお問い合わせください