FileBlogサービスは、通常は24時間365日連続稼動で構いません。ただし、サービスの停止・再起動をスケジュール登録したい場合には、下記のように「net」コマンドを用いてください。

サービスの停止をするケース

たとえば以下のようなケースがあるでしょう

  • 停電に備えて、深夜にサービス停止・バックアップ取得・電源切断などを行いたい場合
  • システムを安定稼動させるため、一ヶ月に一回など定期的にサービスを停止・再起動する場合

方法

  • バッチファイルを作成します。例えば「ResetTpIdxSvr.bat」
  • バッチファイルに、下記のようなNETコマンドを記述します。
    NET STOP TpIdxSvr
    NET START TpIdxSvr
  • Windowsのタスク登録で、上記のバッチファイルの実行をスケジュールします。

上記により、バッチファイルでTpIdxSvrサービスの停止と起動。すなわち再起動が可能です。

FileBlogのWebサービスを停止する場合は、 サービス名 TpApache をお使い下さい。(FileBlog Ver.2.1以前からバージョンアップした環境では、Apache2サービスです)

NETコマンドを使う理由

NET STOP コマンドは、サービスが停止するのに数十秒~数分の時間がかかっても、最後まで待ちます。コントロールパネルでサービス終了や再起動を行う場合、通常、30秒以内にサービスが終了しない場合にはプロセスを強制終了させてしまいます。この強制終了は、場合によっては検索インデックスなどのデータを破損する恐れがあるため、終了はなるべくバッチで実行してください。